カテゴリー
未分類

ETFで株式投資の実践的な学習をしていきましょう

次にETFです。ETF(上場投資信託)とは普段から新聞等で頻繁に聞く言葉だとは思います。ETF(上場投資信託)とは投資に今まで無縁だった方はあまり耳にしない言葉かも知れません。

ETFとは投資信託と株式投資の丁度中間にあるようなポジションの金融商品です。主に日本や海外の経済指標や企業セクターに投資を行なう商品です。投資信託と似ていますが、より株式投資に近い感覚で投資を行っていくものです。

その分投資に必要な金額も上がりますが、投資信託に比べて大変大きな収益を上げるチャンスです。また、個別銘柄のETF以外にもインデックスに対応したETFなど様々な投資対象があります。

ETFの良い所は投資信託より収益性が高いという点と、日本を始め、世界の多くの国のインデックスや銘柄に投資できるという点です。多くの国の経済事情に精通すればする程、投資の幅が格段に広がっていくのです。

売買方法も株式投資と同じようにテクニカル分析をしたり、板をみて売買をおこなっていきますので、株式投資初心者の方でもイメージトレーニングをおこなっていきながら、売買の目安が立てやすいのが特徴です。

経済成長は日本ではなく東南アジア諸国等、現在新興市場と呼ばれる国に移行しています。投資資金をこのような経済成長の高い国に振り分けたい方は是非、ETF(上場投資信託)を積極的に活用していきましょう。

海外銘柄を組み入れたものや実物資産、特定のセクターに特化したETFなど多様な商品のなかから自分にあった最適なETFを楽しんでいくことで、投資の幅を格段に広げていくことが可能となります。

これも安値で購入しておく事がポイントです、株価同様に価格は当然変動します。安値で少額ずつきちんと買い増す事で、自分の資産を安全に増やしていく事ができます。個別銘柄以外にもセクター別投資などにも対応またしています。海外のハイテク株や新興国銘柄にも気軽に投資をおこなっていけるというメリットがあります。

為替やまた種々の要因に翻弄される直接的な購入ではないので、海外銘柄に多くの興味があって投資信託よりもリターンを追求するのであれば、ETF(上場投資信託)を上手く使って自分の投資の幅を広げていくことを考えてみてはいかがでしょうか?

また原油や金等の実物資産に関してもETFは存在しています。有事の金と言われるように、今回の新型コロナの問題など世界経済全体に大きな不安定要因があるときには、金などの実物資産が購入されます。

商品先物ではなくETF(上場投資信託)を使っていくことで、リスクを抑えながら、実物資産にも投資をすることができます。金のETF(上場投資信託)では商品先物には抵抗のある方でもインフレヘッジや世界的不安の中で購入する事ができるのです。

ETF(上場投資信託)は様々な投資対象に気軽に投資を行っていける大変フレキシブルな商品として高い人気を誇っている商品です。毎月少額からでも自分の投資を頑張っていくには、まずは、ミドルリスク・ミドルリターンな商品を使っていくことでより柔軟な投資を楽しんでいくことを考えてみてはいかがでしょうか。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)でのようなハイリスクハイリターンな商品に投資をすることで自分の資産形成をすることを考えるかたも多いはずです。

しかし、最初から多くのリスクを取ることに抵抗感があるような場合には、まずは債券や投資信託、ETF(上場投資信託)を使っていくことでミドルリスク・ミドルリターンな投資をすることを考えていくことを考えてみてはいかがでしょうか。