カテゴリー
未分類

【副業禁止の会社でもできる?】スキマ時間にFXで収入を得るコツ

FXは副業ではない

副業を禁止する会社に勤務すると別に収入を得ることが不可能だと思い、いざという時にお金が足りなくならないか不安になります。

FXは価格差を利用して利益を得るため資産運用になり、厳密には副業にならないことが特徴です。また、スマホがあればスキマ時間に取引ができて稼げるため、業務に支障をきたすようなことがなければ安心してできます。

しかし、年間で20万円以上の利益が出た場合は要注意で、課税対象所得になり所得税から差し引かれます。
所得税は企業に勤務していると天引きされるため、金額が多くなれば判明しやすいです。

このため、確定申告を行う場合は勤務先に判明しないようにする必要があり、事前に税金の仕組みを理解して始めないといけません。
FXは副業ではありませんが勤務先にバレないようにするためには予備知識が必要で、きちんと覚えてからすることが望ましいです。

詐欺には注意しよう

FXは国内だけでなく海外の業者もありますが、せっかく利益が出たのに出金を拒否されたりそのまま計画倒産をされて預けた資金を返金してもらえないなどの詐欺も起きやすいです。
また、スマホを使っている場合はLINEなどのSNSやメールなどで副業を紹介され、FXの仕組みを利用した詐欺であることも多く怪しいと感じたらすぐに金融庁もしくは消費者庁に相談する必要があります。

副業が禁止されている会社に勤務している場合は相談できないため、バレないようにするためには自分自身で解決するようにしないといけません。このため、誰でも簡単に稼げるなどのうたい文句には注意が必要で、うまい話には裏があると考えることが大事です。

確定申告の際に注意しよう

確定申告は前年の収入を正しく申告するために行い、FXで利益が年間で20万円以上の場合はすることが求められます。
申告を行うときは書類を記入して提出しますが、所得税の支払い方法に「普通徴収」と「特別徴収」があります。
会社にバレないようにするためには「普通徴収」を選択し、納付書が自宅に届くとすぐに支払うことが必要です。

しかし、自治体や税務署によっては「普通徴収」が選べないこともあり、事前に税務署に相談して解決できるようにする必要があります。また、お金をだまし取られて返金してもらえないと損失扱いにならないため、このようなトラブルには気をつけることが大事です。確定申告をするときは経費がかかれば課税対象所得から控除されますが、税金の支払方法を間違えないようにしないといけません。